悩む男性

ピックアップ

うつ病の症状の種類

うつ病の種類の一つとして、仮面うつ病が存在します。このうつ病に罹患した場合、医師の診断だけでは判断がつかないこともあり、カウンセリングも併用する必要が出てきます。周りの人間が気づくこともあります。

More...

高齢者がなりやすい種類

高齢者にとってもうつ病は恐ろしいものです。加齢に伴い自信を過小評価するようになり始める退行期うつ病、この種類のうつ病は高齢者に発症しやすいため、周りの家族の気配りが大切です。

More...

笑顔の裏のうつ

微笑みうつ病は比較的軽度なうつ病ではありますが、周りになかなか気づかれにくいといった特徴があります。そのため、本人がうつ病であることを自覚しないと病院へ行くことは難しいと言えます。

More...

うつ病ガイドライン

季節性のうつ病、産後のうつ病と、様々なうつ症状が存在しています。そのため、自分でおかしいと感じたらすぐに医者に相談する必要があります。また、周りから声をかけたられた時も何らかのサインの可能性もあります。

More...

現代生活とうつ

現代生活の中では、うつ病による精神面での病気が増えてきています。この症状は周りも病気だと認識しづらく、本人にも自覚症状がないため発見が遅くなり、治療が後手に回る事が多くあります。そのため、日頃からうつ病について知っておくことによって、いざという時に早期発見と相談を行なうことが出来るようになります。うつ病といっても複数の種類が存在し、うつの他に躁があります。これらの種類はまとめて気分障害と呼ばれる事もあり、それぞれで症状が変わってきます。うつ病が重度に進行した物になると、幻聴や幻覚といった比較的重い症状になっていきます。そうすると夜も眠れないような状態が続いてしまい、重くなってしまうと、睡眠障害を引き起こす原因にもなってしまうのです。精神面の不調が、体全体の不調を招いてしまう事態は珍しくはないのです。

うつ病の症状は種類によって実に多くのものがあり、重度や軽度によっても変わってきます。ちょっとしたマイナスな感情を持つ事も、うつ病の症状の一つです。また、落ち込むだけではなく焦りもうつ病の症状のひとつ言われています。そのため、落ち込んで見えなくてもうつ病に罹患している可能性は十分にあります。また、やる気が出ないといったこともうつ病の典型的な症状の一つです。単に疲れた、というだけではなく、楽しいことに対しても興味を失い、前向きに生きる希望を見失ってしまう状態に陥ってしまいます。そうなってしまうと取り返しのつかない事になってしまう事もあるので、医師に相談するといった対処が必要になってきます。

うつ症状の種類にも様々な物があります。そのため、うつ病とひとくくりにすることはできません。年齢や性別によってもうつの種類や症状は大きく異なってくる点に注意が必要です。基本的なうつ病に仮面うつ病があります。身体的な症状が出やすいうつ病の種類で、身体的な症状がうつに因るものなのか、その他の疾患に因るものなのか判断がつきづらい可能性があるうつ病です。退行期うつ病は、基本的に高齢者の方に罹患する方が多いうつ病です。更年期うつや初老期うつともよばれています。発症の原因としては、加齢による焦燥感や無常感といったところから引き起こされるパターンが多くあります。また、退行期うつ病から派生して、仮面うつ病に変化するパターン、軽度なうつ病へ派生するパターンもあります。この退行期うつ病の特徴としては、物事を悪い方向に考えがちという特徴があります。軽度でありながら、発覚が難しいうつ病として、微笑みうつ病があります。微笑みうつ病は、気配りがうまい人が罹患する事が多いうつ病で、周囲の人がいる場合は常に笑顔でいるため、周りがうつ病と気づきにくい点にあります。そのため、不眠症や不安感といった心の症状から微笑みうつ病と発覚するパターンがあります。季節の移り変わりで発症する季節性うつ病では、代表的な冬季うつがあります。冬の間だけ発症するうつ病で、その原因は日照時間の変化にあると言われています。冬になると過食、仮眠になり、生活が大きく変わるような人はこの冬季うつの可能性があります。

女性特有のうつ病として、産後うつがあります。これは妊娠中のうちに高まった女性ホルモンが、出産と同時に正常値に戻る際の急激な変化によって引き起こされるうつ病と言われています。また、育児によるストレスからも産後うつ病になってしまう人は少なくありません。気持ちがイライラしていたり、理由もない悲しみに襲われた時は、この産後うつ病を疑って医師にかかる必要があります。