笑う男性

高齢者がなりやすい種類

うつ病に罹患する人達は比較的若い人たちにも多く見られますが、高齢者の方にも特有のうつ病が発生するリスクが有ります。高齢者の発祥するうつ病の種類としては、退行期うつ病と呼ばれる種類があります。また、性別や年齢によっても細かく、初老期うつ病、閉経期うつ病、更年期うつ病といった種類の呼称がありますが、ほとんど症状や原因は同じです。このうつ病が引き起こされる原因としては、加齢による原因が大きくあります。加齢によって出来た事ができなくなったという事は強いストレスになり、それがうつ病の原因になっていきます。そのため、マイナスな思考へと考えるようになり、自信を過小評価する妄想にとらわれる事は少なくはありません。周りの人達の気遣いがなければ、なかなか気づくことが出来ないのがうつ病の特徴と言えます。

この退行期うつ病の症状としては、初期症状ではあまり変化が見られないため、正常なように見えます。しかし、進行度に応じて、仮面うつ病や軽度うつ病へと変化する可能性もあり、注意が必要です。特に、身体的な症状を訴えだした場合は、仮面うつ病へと変化した可能性もあります。退行期うつ病になると、物事に対して悪い方向に考えるきらいがあります。そこで周りの人達と疎遠になってしまうと、希死念慮の観念が強くなり、自傷行為をしてしまう可能性もあります。そのため、このうつ病を治す為には家族や医師の協力が必要不可欠になってくるのです。退行期うつ病を治す鍵になるのは、周りの人たちの対応や安心感といっても過言ではありません。

うつ病と付き合っていくためには、親愛なる家族のサポートが重要な物になってきます。また、医師よりも早くうつ病に気づくことが出来るのも家族です。うつ病の基本的なサインを見極める事ができれば、うつ病を早期に発見することが出来ます。まさか私が、まさかあの人が鬱になるはずが、といった常識は通用しないほど、うつ病はありふれたものになってきている事を念頭に置くことが大切です。うつ病のサインは基本的に身体的なもの、精神的なものの2種類のサインがあります。これらのサインをキャッチすることで、家族の変化を掴むことが出来ます。身体に起こるサインとして、食欲減退、不眠、体調不良といった基本的な症状がサインになっています。うつ病はこころだけではなく、身体にも影響を及ぼす病気なので、こういった身体的な影響も表面化してきます。精神的なサインとしては、ネガティブな思考や感情を露わにするといった点があります。マイナス思考もうつ病の症状なので、家族がキャッチしてあげる事が大切なのです。また、職場でも家庭と同じようにうつ症状のサインを発している時があります。欠勤や遅刻といった勤怠の変化もうつの初期症状と言えます。仕事の効率が悪くなったという点に関しても同様です。うつに対向するために家族が出来る事は話を聞いてあげることです。また、子供もうつ病になる可能性があるので、サインを見逃さないように注意する必要があります。言葉遣いや悪くなったり、寝坊が増えた、イライラしているといったことも、うつのサインです。